適性と適職を探す

『適職の見つけ方』

過去・現在・未来

私自身、社会人を対象にした『自己分析理解』をテーマにした研修を30年以上行ってきました。相談の中で多いのが「自分自身のことがからない」「自分個性からない」「自分の向く職種などの自分姿探すものでした。
私は、過去の経験から適職を見つけ助言をしてきました。みなさんも自分でつけることができる方法を紹介します。また適職を探す上で、役立ち、失敗しないためのアドバイスをします。

5つの助言

①他人の成功例などを過度に気にしない
②自分が好きな事興味あることを純粋な心で見つめる
③小さい時から何をしている時がリラックスできたかを振り返る
④人から褒められたことを列記してみる
世の中の仕事を調べてみる
①の解説
転職情報に「MBAホルダーの転職成功例」や「私はこうして給与を上げた」などの特集記事がありますが、まず果してどの程度の人がこの記事に当てはまるのか冷静に考えて欲しいと思います。なぜなら、成功の裏には失敗例が沢山あることを忘れないで欲しいのです。
あまり失敗例特集など見たことがありませんね。つまり、情報を入手するのは大切ですが、情報に振り回されないようにしてください。自分の考えというをしっかり持って欲しいのです。
②の解説
職業興味検査、性格検査などを一度は学校や最近ではWEB上で受けている方が多いと思います。しかし、「自分自身はどのようなことが好きか、したいか」を理解するためには、過去夢中になったなどをことでヒントは掴めます。
仕事などを検討するには、自分自身で自発的チャレンジしたいという意欲を優先すべきでしょう。やはり意欲かすになるからです。
「営業がしたいのですが、自分は向いていますか」と質問を受けたことがあります。自分でチャレンジしたいと思うなら、一度は可能性を試して欲しいと返事をします。ただし、成功、適職にするための努力は必要です。
③の解説
もしも、みなさんが1日の過半数を過ごす仕事や職場がストレスに感じたとしたら、どのような気分でしょうか。楽しくないでしょうね。当然、適度なストレスは必要になりますが、過度ストレスや、精神的負担に思う状況に身を置かない方が懸命と言えます。
例えば、初対面仕事を選ぶ、または苦痛に感じるか、固定的わる仕事を選ぶ、または苦痛に感じるかなどに大別できます。
初対面と関わりは、しい刺激を感じることができますが、何を考えているか、どのような人なのかを察して行動する力も必要です。特にチャレンジすることが好きで、刺激的のある日々を求める人に向いていると思われます。
固定的との関わりは、安定した時間信頼関係計画性を重視しチームワークを重視します。あまり状況を変えずじっくり取り組みたい人に向いていると思われます。
さて、あなたには、どちらが自然でしょうか。参考にしてください。
④の解説
自分は出来か、社会で役立つ個性能力があるかを分析するには、自分自身だけではなく、周囲の人からの意見も参考にすべだと思います。人の視線を過度に気にすることはありませんが、やはりからばれた験から、自分自身の得意部分を改めて知ることができるからです。
⑤の解説
私が社会人になってから35年以上も経過をします。当時では想像つかない様々な職種が増えました。インターネットに関わる仕事などは一番顕著でしょう。過去の情報に捉われず、しい世界努力は必要だと思います。そこに自分の可能性を発揮する手がかりが見つかるかも知れません。リスクがない限り、自分で試してみるのも良いでしょう。

向く仕事、向かない仕事はあるのでしょうか?

基本的はこの仕事は絶対向く逆に100%向いていないというものはないと思います。
人は求められる行動役割として演じる事もできるからです。
具体的な役割としての行動は、きな意識をしてようにします。また、すのが苦手意識をして必要じて会話をすることもあります。
つまり、ありのままの個性かすこと、また自分個性とはなる行動意識して役割じることはできるのです
しかし、役割として期待される行動ができても苦痛が伴いストレスが溜まっては、適職とは言い切れないでしょう。つまり、自分、周囲の人にとり精神的にも居心地種、仕事に巡り合うことが適職と言えると思います。また、自分だけで納得をするのではなく、周囲の人もある程度はめてもらえる仕事なら適職と言えましょう。

3つのアドバイス

・行動や役割が苦痛に感じずにできる仕事が適職となりましょう。
・適性検査などツールに頼る前に自問自答することを忘れずにいましょう。
・新しい職種の情報を集め、可能性を発揮する場を見つける努力をしましょう。