”理想の採用選考.面接試験を追究する”

笑顔に魅了されて生きてきた。

出会いこそが生きる拠り所。

大学を卒業後、国際会議を企画運営する日本コンベンションサービス株式会社に就職しました。

当時の上司である草柳益和部長から指導を受け『同時、逐次通訳者』採用面接を担当し、通訳者の適性や資質を学ぶ機会を得ました。
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、ロシア語などの通訳希望者に対して面接を行い、人物評価を行う。東京サミット、※OBサミット、東京国際映画祭、熊本県グリーンサミット等に派遣をする通訳者の面接を担当しました。
※OBサミット:インターアクション・カウンシル(英語: InterAction Council)とは、世界各国の大統領、首相経験者をメンバーとする国際会議。

国際会議の通訳者と出会う。

同時通訳者養成講座開講を手掛け、特に印象深い国際会議は、1986年に『第一回吃音問題研究国際大会 京都会場』です。
著名な通訳者と会議を支援する機会に恵まれ。その時の通訳者の一人、ハリーポッターの日本語訳で有名な松岡祐子さんと出会えたのは貴重な経験となります。世界で活躍する通訳者との交流は人の素晴らしさを知る機会になりました。

採用.面接のアドバイザー。

1987年 社団法人日本経営協会入職 その後、子会社に転籍、2019年8月退職。適性検査事業の組織に30年間所属し、企業や自治体で採用する人材の分析を行い適性検査の活用、採用面接の進め方(個人・集団等)などの提言を公的団体発行の報告書やセミナーで行ってきました。
また『面接の進め方DVD、採用面接マニュアル』執筆などに携わり、通算30年間、採用面接官のアドバイザーとして多様な依頼に応えてきました。
30年前は、採用面接について、現代ほど注目されておらず、ほとんど試行錯誤の日々でした。その活動を支えていただいたのは、お客様でした。私にとり、採用面接は国際会議の運営会社から35年間継続しているライフワークとなりました。

 

実績・社会人へ。

採用面接・試験の専門家。

採用面接官受託、面接官個別指導、面接官集合研修、討議テーマ設計、採用面接マニュアル、採用評価システム構築、評価票作成と討議テーマ設計、質問事例と評価基準、求める人材像構築、エントリーシート評価、論文テーマ設計と評価、職務適性分析、性格など人物解析、インターンシップ導入マニュアル、リクルーター指導など。

適性検査に携わる。

適性検査の選択、有効活用を助言、統計分析の助言、適性検査の結果分析など。

社・職員研修。

新人=社会人に必要な資質理解や導入研修、中堅=後輩指導など役割の認識、管理職=部下の性格に合わせたマネジメト、新人から役員までコミュニケーション研修。人事考課面談、部下の行動分析方法など。

実績:学生へ。

知識向上。

(時事・社会常識)新聞などから、企業情報・雇用問題を中心に客観的な視点で講義を行う。(業界・職種)職種について具体的な事例を交えて講義する。

人間力の向上へ。

(自分史作り)子ども時代から節目となるできごとを振り返り、経験値になるよう指導を行う。(能力開発)過去の経験から社会や就職先で必要となる経験値を引き出し、肯定的に受容し活かすためのアドバイスをする。(課題解決)社会で必要となるPDCAに関わる課題を提示し、クリアするために指導する。

 学生が描いてくれた私のイラストです。

適性の分析と助言。

(適性分析)学生、社会人ひとり一人の性格や適性を分析する。(マッチング)各人の個性を活かす就職先をアドバイスする。(悩み)一人ひとりと個性と人格を尊重した育成面談を行う。また必要に応じてskypeをなどを使いフォロー面談を行う。

 

川村稔経歴pdf

 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1304.jpg です

実に多くの出会いから現在があると思います。数年前に熊本県庁に伺った際に、熊本グリーンサミット国際会議の運営事務局で課長をされていた方と30年振りの再会を果たしました。多くのみなさまとの出会いは生涯の宝です。これからは、貴重な時間を大切に生きたいと思います。宜しくお願い申し上げます。